So-net無料ブログ作成
検索選択

仏事ハンドブック作成着手 [心の叫び]

こんにちは、しょーえんです

 

今日紹介する2冊は、じつは以前より若い檀家さんから依頼を受けていた

仏事マニュアルの資料として読んでみた本です。

 

田舎のコミュニティーがしっかりしているところは別として

都会で暮らす若い世代が喪主となってしまった場合、

その後の仏事がよくわからないから教えてほしい、という相談は

よくありました。

 

そこで、あまり風習なども知らない若い世代向けに

小冊子を作ってくれると嬉しいんですけど・・・

という声が以前よりたくさんあったんです。

 

そろそろやってみようかな、という気になってきたので

あちこちから資料を揃えています。

細かい部分については地方ごとに冠婚葬祭の風習が違います。

なので、ひとつの方法を示すのは難しいところがあるんですけど

まずは阿弥陀院流ということで書いてみるつもりです。

 

年内にできれば仕上げたいなぁ。

 

 

 

 

 

さて、きのうの読書はこちら↓

(年間目標300冊の読書まで、あと67冊)

友人に教えてもらった「らくたび文庫」。とっても薄い本なので、

旅行のときにかばんに入れて持っていくのも良いと思います。

神社とお寺のお参りのマナーや常識が載っていて

1冊あると何かと便利なはず。知らないと恥ずかしいルールは

この本で押さえておきましょう! とお薦めできます。

後半には京都のお薦め食べ物ガイドブックもついているので

とりあえず京都に行く時にはこの本を持っていくべし!

 

もう1冊

(年間目標300冊の読書まで、あと66冊)

お寺と神社の作法ブック―冠婚葬祭とお参りのマナー

お寺と神社の作法ブック―冠婚葬祭とお参りのマナー

  • 作者: 田中 治郎
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本

こちらはお参りだけでなく冠婚葬祭までを含めたマナー編。

内容は少し疑問を感じる部分もありますが、よくまとめてあると思います。

結婚式のご祝儀袋、香典、のしなどなんて書いたらいいのか、とか金額はどれくらい

とか、20代・30代の方は、1冊手元にあると重宝すると思います。

由来まで書かれていますから、雑学としても楽しめますよ!


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

袋田の住職

私も、住職になってすぐに寺報を檀信徒向けに発行し、
仏事コーナーや質問コーナーをもうけました。
仏教行事や地域のしきたりに本来どういう意味があるのか
続けていたっ方がいいのか、廃した方がいいのか
住職としての考えなども伝えていきたいものです。
by 袋田の住職 (2008-11-22 16:54) 

雪洞

こんばんは(^^)
確かに仏事ってよく解りません f(^^;
特に栃木出身の父方も県内出身の母方も違う事が多く戸惑います。
入院中にしきたりの本を読みましたが、知らないことが多く驚きました。
出来たら私も欲しいぐらいです♪
by 雪洞 (2008-11-23 17:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。