So-net無料ブログ作成
検索選択

おばあちゃんの偉業 [ぬくもり]

こんにちは、しょーえんです

 

― 本葬儀 ― 

 

朝からたくさんの檀家さんとあいさつ

お盆の棚経で毎年顔を合わせる方とも何人も出会いました。

 

といっても、僕は裏方の役割。

会場準備、法要中の黒子の段取りを朝から進めていきます。 

川崎大師の貫主が弔問にいらっしゃるということで

接待にも緊張感が走ります。 

 

このおばあちゃんは尼僧さんだったので

尼僧さんもたくさんいらっしゃいました。

お坊さんのお葬式といっても、流れは変わりません。

 

お経が始まり、導師が嘆徳文を読み上げ

弔辞、弔電奉読があり、お経が終わると、喪主のあいさつ

ここまで約1時間です。

 

密葬義にてすでに火葬していますので

本葬儀はここで終了。 

400人の会葬者の焼香も思ったほど混乱せず一安心。 

 

けど小さなトラブルはたくさんありました。

95歳のおばあちゃんにお世話になった会葬者には高齢の方も多く

混雑する受付で香典を渡せなかった人からは

終わってから問い合わせの電話が入っていました。

 

たくさんの方にお会いして、みなさんの話の中から共通することは

お寺の玄関で出迎えてくれるおばあちゃんの姿にとても癒された、ということ。

 

「いつもお苦労さまです」 と日頃から口にしていたのは僕も記憶にありますけど

お墓参りに行くと、おばあちゃんが出てきて、声をかけてくれる

話を聞いてくれる、それを楽しみにしていたんですよ、と話す方もたくさんいました。

 

お寺ってこういう場所なんだろうな、と感じながら僕も話を聞いていました。

気軽に来て、ちょっと世間話などをして、気分が軽くなって帰っていく

うーん、そんな場所にできたらいいなと僕も思います。

 

95歳のおばあちゃんの偉業にはとてもかないません。

けど、目標にして少しずつ近づきたいですね。

 

  

きのうの読書♪

(年間目標300冊の読書まで、あと33冊)

勝間さん、いますごい勢いですよね。勝間さんの本に対する哲学が書いてあります。

まだまだ改善の余地がある出版マーケティング、ウェブにはない本の価値

読み方の極意など、スーパーウーマンの読書術も書かれています。

書店員さんの生の声も勉強になります。印税から自動的に寄付する仕組み「chabo!」は

とてもいいですね。こういう本を見ると、つい買ってしまうと思います。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

雪洞

こんばんは(^^)
こんなおばあちゃんがいらっしゃるお寺さんが近所にあったら
お寺さんの存在がもっと近いんだろうな〜と思います♪
by 雪洞 (2008-12-14 19:22) 

スミッチ

ぬくもりを感じますね
by スミッチ (2008-12-15 07:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。