So-net無料ブログ作成

12月らしいって何なんだろう? [ぬくもり]

こんにちは、しょーえんです

 

「12月らしい寒さですね」 

 

法事が終わり、お墓参りへ行く途中

施主の方からかけられた言葉です

 

小雨が降る午前中の終わり、墓地へと続く階段を登る一族は

慣れない寒さに凍えているようでした 

 

「12月らしさ」って何なんだろう? と考えるしょーえん。

天気予報のお姉さんが平年並みの気温ということなのか

そろそろイチゴが食べられる頃なのか 

初雪の観測があちこちから報告されるころなのか 

 

僕の「12月らしさ」は 

喪中のはがきと、新しいカレンダーが届くこと 

 

今年の終わりと来年のはじまりが同時に届く今の時期に

あー、12月だなぁ、って感じます。

 

年賀状の宛名を書くとき、

この人は今何をしているんだろう? と考えるひとときも

なんだか楽しかったりします。 

 

たとえあまり連絡をとっていなくても、近況報告代わりになる

年賀状という文化は素敵だと思います。

 

そうか! 普段はあまり連絡を取らない人のことを案ずる時間も

12月らしさですね。

 

僕の近況はこのブログの通り。 

あの人もあの人もあの人も 元気でやっているのかな? 

 

やっぱり、年賀状は、贈り物だと思います。 

 

 

きのうの読書♪

(年間目標300冊の読書まで、あと30冊)

怪笑小説 (集英社文庫)

怪笑小説 (集英社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1998/08
  • メディア: 文庫

演劇評論家の方から紹介してもらった本です。

前評判通りのとても面白い内容でした。僕が「こんな文章が書けたらいいな」と

思っていることすべてが詰め込まれている感じで、一気にファンになりました。

「毒のある笑い」と書かれていますけど、日常の「あるある」感が詰まった

でもファンタジー要素がたぶんに含まれた表現にノックアウト。

短編小説集ですが、僕は最初のお話が一番好きです。笑えますよ。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 4

SilverMac

喪中の連絡が終わってから、年賀状です。
by SilverMac (2008-12-15 10:21) 

雪洞

こんばんは(^^)
12月らしい………忘年会で幕が開け、休み前までにと納品を急かされ、
仕事納めギリギリの時間まで仕事して
納会へと突入コース(翌日出勤の場合もあり)の合間に
年賀状やクリスマス対策をしている事かな?
忙しいけど結構楽しんでます♪
…寝不足気味さえなければですよ(笑)
by 雪洞 (2008-12-15 19:30) 

袋田の住職

私が子供ころは、12月16日には氷が張り詰めていました・・・
袋田の滝も凍り始めてましたし・・・
やっぱり温暖化ですかね・・・
by 袋田の住職 (2008-12-16 07:06) 

JOHN

年賀状は、出すのも楽しいし
もらっても嬉しいですね。さあ、書こうかな!
by JOHN (2008-12-17 08:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。